雨降ってなんとやら

雨降ってなんとやら

好きな四字熟語は諸行無常です

映像全般を見る体力がどんどん減っている

これは最近の割と深刻な悩みなのだが、映像全般を見る体力が無い。
体力が無い訳ではない。集中力が無い訳でもない。
ただ映像を見るのに使う体力だけがどんどん減っている気がするのだ。

1時間使ってソシャゲの素材集め周回。余裕。
3時間使って小説1冊の一気読み。問題ない。
2時間使って4話分の30分アニメ一気見。物凄く疲れる。これは別に一気見に限った話ではない。1クールに2本以上のアニメを見れなくなりつつある。

ここ1年以上は1クールに1本見るのが精一杯。2018年に見た地上波放送の新作アニメ、ポプテピピックグリッドマンと理由あってMiniとFate年末特番のあれそれくらいしか思い出せない。それとアニメじゃないけどウルトラマンR/B。

とはいえ映画館で映画を見る分にはそこまで体力を消費した/疲れたという感覚はない。流石に洋画のめちゃめちゃ長いエンドロールは疲れるのだが、映画館にはそこそこ足を運ぶ。ちなみに最近見た中だと「来る」はエンドロールが超高速なので最高だった。
多分自宅でテレビないしPC・スマホの前で大人しく映像全般を見る事が出来なくなっているのだ。

中高生の時は1クール10本とか余裕で見てたのだが。当時は長期放送のアニメの本数が多かったのを差し引いても深夜アニメを1クール5本以上は絶対見てたのだ。今となってはどう考えても不可能。当時の私どういう体力だ?

アニメをあまり見なくなった件については、歳を重ねて嗜好が変化した、また社会人になった事で時間の余裕が少なくなった、の2点で一応説明が付く。
正直最近はアニメ見るより小説読んだりソシャゲで推しを最強にしたり推しの現場に行く方が楽しいし。それに平日フルタイムで働いて休日は現場か丸一日休息日の2択なのでアニメ見る時間もろくにない。
ただ、連休などで時間があっても映像を見る体力が減っているから映像はほとんど見なくなった。
3時間近いライブ円盤を見るのも疲れるから通しで見るのは1度見た切りになりがち。買ったテレビアニメの円盤は1度見たアニメだからほとんど開けない。いや特典映像は見る。先日届いた実写BLEACHの円盤も本編は1回見た切り(ただし石田雨竜のキャラクターメイキング映像は十回くらい見た)。もうすぐ届くSideM3rd福岡公演のBlu-rayは何周見れるんだろう。

別に見たくない訳では無い、ただ「見るのが億劫」ではなく「疲れるのが億劫」で結果映像を見なくなってしまう。
とは言えジャンプ公式がYouTubeに上げてるアニメ版BLEACHの父親コンビ正体カミングアウト回は元より大好きな回なので何周かしたしふと思い立ってクロスアンジュカブトボーグを見返したりとかはしてるので、昔見た映像であれば既知の情報として頭に入れやすいしあまり疲れないのかもしれない。

じゃあ新しい物に対する興味が無くなったのかと言われればそういう訳でもない。
読んだことの無い作家の小説や漫画には最近よく手を出すし。
ただ、映像を見る体力を取り戻したい。

で、何でこんな記事を書いたかと言うと、スタミュ3期の放送と、ロード・エルメロイII世の事件簿アニメ版の放送時期が2019年7月に被ってしまったからである。
そしてまだ発表こそされていないものの、7月はウルトラマンシリーズの新作が放送される月だ。

見たいものが1クールに3本(推定)。
今の体力で見れるかどうか非常に怪しいラインである。

勿論アニメを見るのも特撮を見るのも誰かに強制されるべきものでは無い。自分の意思で見たいものを見るのがよい。
ただ、自分の意思で見たいものを全部見るだけの体力が、今の私には無い。
多分、このまま放っておくと徐々に私は新しい物への興味まで失って「昔のコンテンツをこねくり回すだけのオタクの残骸のような何か」と化していくのだろう。それになるのは多分まだ30年くらい早い。そう思いたい。

さてどうした物か、と考えた結果とりあえず、基礎体力作りをしようと思って軽い筋トレから始める事にした。
筋トレで基礎体力作りをしたら1クールに3本見れるようになるのかどうかは分からないのだが。
ただ、見たい物を見たいと思っているタイミングで見れる体力だけは常に用意していたい。夏クールまでは幸いまだ5ヶ月ある。
好きな物のために、今よりちょっと頑張って見ようと思う。