雨降ってなんとやら

Twitterだけではまとまり切らないことを長文にしてまとめる用。

THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ORIGIN@L STARS

 SideMにとっての2ndライブとなるTHE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE ORIGIN@L STARS、2日間ライブビューイングで参戦してまいりました。

 本当は2日間それぞれの分、セットリストに合わせてがっつり感想とかレポの記事を上げるつもりだったのですが、2ndが終わってなかなか余韻から抜け出せなかったり何かと忙しかったりで長文を書く時間がなかなか確保出来なかったのでひとまずこの大まかな感想記事を先に上げる事にしました。詳しい感想記事はなるべく早く上げるように頑張ります。目標は2月中です。

 一先ず、大まかな感想を少しばかり。

 一言で言うと、「315」でした。最高で、315の、夢のような2日間でした。315プロのアイドル達が見せてくれた、全力のパフォーマンス。眩しくて煌びやかな星々の共演。人生で一番楽しかったんじゃないかって思うくらい、何もかもが楽しかったです。

 1stより更にパワーアップした演出や舞台装置、衣装。たくさんの人がこのステージを作り上げ、そのステージの上で大好きなアイドル達が輝いている。SideMに出会ってプロデューサーになって、この日を迎えられたことが本当に嬉しかったです。

 もちろん、実際にステージに立っているのは、アイドルを演じるキャストさん達です。しかし彼らがアイドルの衣装を着て、アイドルの声そのままで歌い、全力で踊り、表情までもそのアイドルにしてステージの上でアイドルを演じている。その輝きは、アイドルそのもの。最高じゃないですか?

 たとえライビュであってもリアルタイムで皆でタケノコしたり、ガミP登壇でUO折って変態コールしたり、しゅごんの掛け声に「アイマスー!」って叫んだりするのずっと夢だったんですけど、その夢が叶いました。あと心が5歳児に還ったりとか、「そっちは南~!」とか、世界一かっこいい湯切りとか、腰とか、奪われたりとか、ライビュ会場でもトリコロール作ったりとか、感動のあまり泣いたことも含めてもう何もかもが楽しかったです。かのんPなので最後の挨拶の村瀬さんでかのん君と村瀬さんが出会えて本当に良かったって泣きました。それからムンナイで叫びすぎて腰がちょっとピキって言いました。普段静かに生活しているので、叫びすぎると腰に来るということを生まれて初めて知りました。

 そして両日の終盤で発表されたSideMの新たな展開。新アプリに、アニメ化。「ずっとずっとその先へ 世界は動き出す」というDRIVE A LIVEの歌詞が、そして「進め真っ直ぐ 夢の向こうへ」というBEYOND THE DREAMの歌詞がそのまま重なる、SideMの今までと、そしてこれからの更なる歩みを感じさせるライブだったと思います。

  もっと長くあの時間に浸っていたったと思うと同時に、次のライブを早く見たい、46人全員がステージに揃った姿を見たいと強く思いました。もちろん、今回披露されなかったJupiterの曲やソロ曲も早くライブで見たいです。神様仏様イープラス様、グリーティングツアー東京公演のチケットご用意してください。

 初日の後に食べたカレーと2日目の後に食べたラーメンは世界一おいしかったです。

 言葉が上手くまとまらないので、なるべく早く2日分の細かい感想を上げようと思います。

 今回のライブに関わった全ての方々、本当にお疲れ様でした。アイドル達がいて、沢山のスタッフがいて、そしてプロデューサーがいてライブは成り立つんだと、心から実感しました。

 アイドル達と一緒に、もっともっと夢を見たい、夢の向こうにある景色を見続けていきたいです。

 

 ありがとう、アイドルマスターSideM、315プロダクション。

 一緒に行こう、夢の向こうへ!